« 「イスタンブール」オルハン・パムク著 | トップページ | 「日本語が亡びるときー英語の世紀の中で」水村美苗 »

2009年11月11日 (水)

鮨 なかむら

おいしかった。

かますのあぶったやつ
やわらかく厚みがあってうまい。
蒸しアワビ、やわらかくあたたかくてうまい。
こだい、むしろ大きくてうまい。
たい、赤酢飯とあってこれがうまい。
平目のえんがわ、歯ごたえのある食感、うまい。
くるまえび、積極的に好きではないんだが
ここのはうまい。
中トロ、こはだはいわずもがな。

食通のブログとか読むと
握りがいまいち、とかじぶんの好みに合わない、とか書いている。
これだけうまいものが出されていてなお文句があることが
信じられない。
もちろん批評はあってしかるべきでそれがお店の味を
さらに発展させるのだろうが、
これが文句をつける味だとは到底思えない。
自分のお寿司やリストに入りました。
西麻布に近い六本木のちょいはずれ、という場所もグッド。

主人の控えめなキャラクターも自分好み。
元気良くて自信満々な店主より好きです。
押しつけがましくなくて。
落ち着いて食べれるし。
主人にお追従しなくていいし。
俺は応援するぞ。

基本お任せですが、カウンターの向こうで○○ちょうだいという声が聞こえたから
馴染みの客にはお好みにも対応するようだ。
それでいいと思う。
一見と馴染みに差があって当然だ。

日本酒も純米を中心に種類が豊富だった。
焼酎も日本酒以上にたくさんあったが
鮨に焼酎は合うのだろうか?自分はそもそも焼酎を飲まないので
よくわからない。
生ビール(プレモル)2杯の後、黒龍(福井の酒)に
いって最後は白ワイン。これが鮨に合ったんですね〜。
次は最初からワインにしてみようかと思う。
ワインセラーがちゃんとあったので
お店も自信があるのではないか。

しかしこれで不満なひとがいるのだから
東京とはよくぞ舌の肥えた街なのだ。
美食家は幸せか不幸なのかわからんね。
俺は普通の舌でよかったよ。
ああ難有い〜

|

« 「イスタンブール」オルハン・パムク著 | トップページ | 「日本語が亡びるときー英語の世紀の中で」水村美苗 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鮨 なかむら:

« 「イスタンブール」オルハン・パムク著 | トップページ | 「日本語が亡びるときー英語の世紀の中で」水村美苗 »